鎌倉トリップ |  日帰りで秋の鎌倉へ。秋の鎌倉散策。

週末のお出かけに、日帰りで夏の鎌倉へ♪

安国論寺。立正安国論を執筆した日蓮の小庵

      2017/08/18

同じ松葉ヶ谷にある、妙法寺長勝寺と並び1253年(建長5年)に鎌倉入りした日蓮が最初に草庵を結んだ霊跡に建てられたと伝えられるお寺です。

安国論寺

日蓮聖人松葉ヶ谷(まつばがやつ)御小庵の跡。
日蓮の住んだといわれる御小庵の元になった岩くつ(御法窟、日蓮岩屋)は本堂の向かいにあります。

鎌倉時代に活躍した僧であり日蓮宗の開祖である「日蓮」。日蓮はこの場所を拠点に、小町大路周辺で布教活動を行いました。また、日蓮はこの場所で、日本の安泰を願って1260年に「立正安国論」を執筆しました。

日蓮は他宗派や幕府によってたび重なる迫害や法難を受けましたが、翌年、立正安国論に反感をもつ人々に庵が襲われました。これは「松葉ヶ谷の法難」と言われています。その際に、裏山に避難したのが「南面窟(なんめんくつ)」

このように安国論寺は教科書や小説に出てくる日蓮の人生に大きく関わる舞台だったのです。

【絶景】安国論寺の富士見台

安国論寺 富士見台

境内右手の急な石段を登った高台は富士見台と呼ばれ、日蓮が題目を唱えたといわれています。樹間から長勝寺〜由比ヶ浜が展望でき、空気が澄んだ日には富士山まで遠望できます♪

安国論寺 富士見台

晴れた日の富士見台より、鎌倉の絶景。

安国論寺 富士見台

鎌倉が一望ができる富士見台(2010年5月30日撮影)

安国論寺のみどころ

本堂へのアプローチ

安国論寺 妙法寺路

妙法寺路への分岐の正面。安国論寺への階段が現れます。

安国論寺 妙法寺路

本堂への美しい庭と参道。

本堂

安国論寺 本堂

安国論寺の本堂。

安国論寺 本堂

安国論寺の本堂。別アングルにて。

安国論寺 本堂

夏の安国論寺の本堂。

御小庵

安国論寺 御小庵

日蓮聖人松葉ヶ谷(まつばがやつ)御小庵の跡。
日蓮の住んだといわれる御小庵の元になった岩くつ(御法窟、日蓮岩屋)は本堂の向かいにあります。

熊王殿

安国論寺 熊王殿

日蓮に使えた従者、熊王丸がつくったとされる熊王稲荷が祀られています。

南面窟

安国論寺 南面窟

南面窟(なんめんくつ)は草庵焼き討ちの法難の際に、日蓮が山王大権現の化身である白猿に導かれて一時難を逃れたといわれています。

 

安国論寺の草花

境内のヤマザクラは「市原虎の尾」、「妙法桜」といわれ、日蓮が安房の清澄山から持ち込んだ杖が根付いたものと言われています。
このヤマザクラ、本堂前のカイドウ、サザンカは市天然記念物。
他にもゲンペイモモ、ヤマアジサイ、イチョウなど四季を通じて彩りに満ちた草花が楽しめます。

安国論寺の案内図


※クリックで拡大。
 

安国論寺へのアクセス

  • 所在地: 神奈川県鎌倉市大町4-4-18
  • 鎌倉駅から京急バス。緑が丘行き、または新逗子行き 名越下車 徒歩2分
    鎌倉駅から徒歩15分
  • 駐車場:無し

安国論寺について

  • 所在地:神奈川県鎌倉市大町4-4-18
  • 鎌倉駅から京急バス。緑が丘行き、または新逗子行き 名越下車 徒歩2分
    鎌倉駅から徒歩15分
  • 拝観時間:午前9時~午後4時30分 月曜閉門
  • 拝観料:100円
  • 駐車場:無し
  • 山号:妙法華経山
  • 宗派:日蓮宗
  • 創建:1253年(建長5年)
  • 開山:日蓮

〜週末、お出かけ。鎌倉トリップ。〜

  この記事を見た方はこんな記事も読まれています♪

 

  この記事に関連するテーマを探す♪

 - 大町・材木座, 鎌倉のお寺・神社 , ,

 

  この記事をシェアする♪