鎌倉トリップ |  日帰りで夏の鎌倉へ。夏の鎌倉散策。

週末のお出かけに、日帰りで夏の鎌倉へ♪

鎌倉のぼたもち寺。常栄寺

      2017/07/31

ぼたもち寺の愛称で親しまれる、鎌倉は大町のお寺です。

大町の通り沿いにあるぼたもち寺は、鎌倉時代、危機にあった日蓮に、一人の老婆がぼたもちを差し出した逸話にちなんでいます。大町の歴史散策にいかがでしょうか。

ぼたもち寺(常栄寺)のみどころ

ぼたもち寺の門前

ぼたもち 日蓮 常栄寺

大町の通り沿いにあるぼたもち寺は、赤い門前が特徴的です。

頸つなぎのぼた餅

ぼたもち寺 日蓮 常栄寺

ぼたもちと日蓮の逸話が境内に掲載されています。

ぼたもち寺由来。鎌倉時代に龍ノ口で刑に処されることになっていた日蓮に、一人の老婆がぼたもちを差し出した逸話に由来します。

法華経を広めるため、他の宗派を否定した日蓮は、幕府に危険視されており、刑に処されることになりました。その刑場へ向かう途中、ひとりの老婆「桟敷の尼」が日蓮に胡麻入りのぼた餅を捧げました。

刑がまさに執行される時、江ノ島方面の空に光る物体が出現したために、周囲がが恐れをなして刑は中止になりました。その後、老婆が渡したぼたもちは「首つなぎぼたもち」として語られて、このお寺の由来になっています。
寺号は老婆「桟敷の尼」の法号「妙常日栄」にちなんだものです。

春のぼたもち寺(常栄寺)

ぼたもち寺 つつじ 常栄寺

ぼたもち寺、門前を彩るつつじ。(撮影2017年4月30日)

ぼたもち寺 つつじ 常栄寺

ぼたもち寺、GWの鎌倉は夏の匂いがします。(撮影2017年4月30日)

ぼたもち寺 つつじ 常栄寺

大町の通りは散歩道に最適です。そこらに咲くつつじに早夏を感じます。(撮影2017年4月30日)

ぼたもち寺(常栄寺)へのアクセス

所在地: 鎌倉市大町1-12-11
鎌倉駅より徒歩10分

ぼたもち寺(常栄寺)について

  • 創建:1606年(慶長11年)
  • 拝観時間:境内自由
  • 拝観料:無料
  • 駐車場:なし

〜週末、お出かけ。鎌倉トリップ。〜

  この記事を見た方はこんな記事も読まれています♪

 

  この記事に関連するテーマを探す♪

 - 大町・材木座, 鎌倉のお寺・神社 ,

 

  この記事をシェアする♪