鎌倉トリップ |  年末年始は鎌倉へ。ユニークな鎌倉散策のご提案。

週末のお出かけに、日常を忘れて鎌倉散策を♪

鎌倉五山第三位、寿福寺

      2015/04/19

鎌倉五山第三位。源氏のルーツの地に立つ寿福寺。

鎌倉では珍しく一般公開されていませんが、その美しい参道だけでも立寄の価値があります。

こちらもどうぞ。寿福寺周辺の散策記

→桜を求めて~春の源氏山へ~(2015年3月29日)

夏の寿福寺

参道のあじさい

参道のあじさい

まっすぐのびた参道に真っ青な色を添えるあじさいがひと際美しい。
(2014年6月撮影)
 

寿福寺のみどころ

総門

まっすぐのびる参道への入り口。この門を過ぎると静謐な空気へと変わります。
 

参道

総門から本堂へまっすぐのびた参道は高い木々に囲まれれ非常に美しい。
 

本堂

本堂は残念ながら非公開です。
 

寿福寺とは(寿福寺の歴史)

源氏のルーツの地に立つ

現在の寿福寺のある付近は源氏のルーツの地として知られています。1051年前九年の役として知られる戦いで奥州に向かう源頼義(みなもとのよりよし)が源氏山で勝利を祈願しました。

鎌倉幕府を創建した源頼朝(みなもとのよりとも)の父、源義朝(みなもとのよしとも)。源氏の頭領であり関東に大きな基盤を築いた義朝の館が、かってこの場所にあったといわれます。

頼朝が鎌倉に拠点を置いたのも父である義朝の地盤がこの鎌倉にあったためであり、その点においてもこの寿福寺の地は源氏と鎌倉幕府にとてもゆかりの深い土地といえます。
 

寿福寺へのアクセス

寿福寺について

  • 所在地: 鎌倉市扇ガ谷1-17-7
  • 北鎌倉から徒歩10分
  • 拝観:非公開
  • 駐車場:なし
  • 山号:亀谷山(きこくさん)
  • 宗派:臨済宗建長寺派
  • 創建:1200年(正治2年)
  • 開山:栄西
  • 開基:北条政子
  • 本尊:釈迦如来

〜週末、お出かけ。鎌倉トリップ。〜
 

  この記事を見た方はこんな記事も読まれています!

安養院 ツツジ
つつじのお寺。安養院

源頼朝の妻、北条政子ゆかりのお寺。つつじで有名なお寺で、5月のゴールデンウィーク …

ぼたもち寺 常栄寺
ぼたもち寺。常栄寺

ぼたもち寺の愛称で親しまれる、大町のお寺。 常栄寺(ぼたもち寺)のみどころ 頸つ …

補陀落寺 サルスベリ
材木座の海の寺。補陀落寺(ふだらくじ)

彫像の宝庫、補陀落寺。 補陀落寺のみどころ 夏のサルスベリ 盛夏には、本堂前のサ …

鎌倉宮 大塔宮
鎌倉で七五三といえば。鎌倉宮

大塔宮こと鎌倉宮。太平記の激動を駆け抜けた、護良親王(もりよし)を祀るお寺。 鎌 …

頬焼阿弥陀 塩嘗地蔵 光触寺
頬焼阿弥陀と塩嘗地蔵。光触寺

頬焼阿弥陀と塩嘗地蔵。六浦街道のお寺、光触寺(こうそくじ)。 頬に焼き印を押され …

東慶寺 あじさい
北鎌倉の花の寺。隠れたあじさいの名所、東慶寺

オススメ度: また花の寺として知られ、境内では四季を通じて様々な花を楽しめます。 …

義経 満福寺
義経の腰越状。満福寺

義経の悲劇を写すお寺。 満福寺のみどころ 襖絵 義経の一生を描いた襖絵。 &nb …

安国論寺 眺め
安国論寺。立正安国論を執筆した日蓮の小庵

同じ松葉ヶ谷にある、妙法寺、長勝寺と並び1253年(建長5年)に鎌倉入りした日蓮 …

土紋装飾の如意輪観音 西御門 来迎寺
土紋装飾の如意輪観音。西御門の来迎寺

鎌倉仏独特の特徴を伝える如意輪観音のお寺。 来迎寺のみどころ 来迎寺へ続く階段 …

光明寺
材木座の桜の名所。光明寺

材木座の潮の香漂う大寺。桜の名所、光明寺。 鎌倉は海のある古都と言われるが、その …

 - お寺・神社, 鎌倉駅西口周辺 ,