鎌倉トリップ |  日帰りで秋の鎌倉へ。秋の鎌倉散策。

週末のお出かけに、日帰りで夏の鎌倉へ♪

鎌倉で七五三といえば。鎌倉宮

      2017/08/21

大塔宮こと鎌倉宮。太平記の激動を駆け抜けた、護良親王(もりよし)を祀るお寺。

鎌倉宮 七五三

鎌倉の七五三詣で有名な鎌倉宮(かまくらぐう)。10月~11月は多くの七五三詣の家族で賑わいます。

鎌倉宮(かまくらぐう)の七五三詣

七五三詣で有名な鎌倉宮。一般の七五三詣では事前予約は必要ありませんが、写真撮影含む、貸衣装・ヘアメイクのセットプラン(料金は5万円前後)もあります。
例年9月には内覧会も開催されています。詳細は神社にお問い合わせください。

鎌倉宮 七五三
※クリックで拡大。公式ホームページより引用

鎌倉宮(かまくらぐう)の四季

秋、紅葉の鎌倉宮(かまくらぐう)

鎌倉宮 七五三 紅葉

秋には美しい紅葉が境内を彩ります。結婚式やお宮詣りなど、祝賀にはとても人気の神社です。

→鎌倉宮の紅葉についてを詳しく見る

初春、梅の鎌倉宮(かまくらぐう)

鎌倉宮 初春 梅

初春、鎌倉宮(かまくらぐう)鳥居脇の梅。(2017年2月18日撮影)

鎌倉宮 初春 梅

初春、鎌倉宮(かまくらぐう)の白梅。(2017年2月18日撮影)

鎌倉宮のみどころ

鎌倉宮の境内

秋の紅葉と鎌倉宮

鎌倉宮の境内はいつも大勢の参拝客で賑わっています。

宝物殿

鎌倉宮 宝物殿

鎌倉宮宝物殿のある場所は、明治天皇行幸(明治6年4月16日)の際の行在所として明治4年に建設されました。

土牢

鎌倉宮 土牢

この社殿の裏に残る土牢が、この親王最期の地といわれています。

楠木の森

鎌倉宮 楠木の森

樹齢100年以上の楠木の大木。

大塔(鎌倉宮)の夜雨(三浦半島八景)

鎌倉宮 宝物殿

夜雨とは水辺の夜の雨のこと。

鎌倉宮とは

鎌倉宮は、後醍醐天皇(ごだいごてんのう)皇子である、大塔宮(おおとうのみや) 護良親王(もりながしんのう)をお祀りする神社です。

当時、鎌倉幕府の専横な政治に対抗した後醍醐天皇は、捕らえられて隠岐に配流となります。
皇子である護良親王は、天皇の代わりとなって楠木正成らと、幕府軍と戦いました。
この間にも鎌倉幕府に対抗して、各地の武士が次々と挙兵し、足利尊氏が六波羅探題を攻略、また新田義貞が鎌倉に攻め込み、鎌倉幕府は北条一族と共にここに滅亡します。

幕府滅亡後、後醍醐天皇は京都にて政治を改め(建武の新政)、護良親王はこの功により征夷大将軍となりますが、しだいに武家の棟梁である足利尊氏と対立し、鎌倉の土牢に幽閉されます。
その後、北条時行の軍に破れた尊氏の弟である足利直義が、鎌倉退去の際に護良親王に自刃を要求し、護良親王は鎌倉の地に果てます。

鎌倉宮の社殿の裏に残る土牢が、この親王最期の地といわれています。

鎌倉宮へのアクセス

神奈川県 鎌倉市 二階堂 154番地
鎌倉駅 東口下車 徒歩30分。または鎌倉駅 東口から京急バス。[ 鎌20・4番 ] 大塔宮行き 大塔宮下車

鎌倉宮について

  • 拝観時間:2月から11月 9:30〜16:30 (入場は16:00まで)、12月・1月 9:30〜16:00 (入場は15:30まで)
  • 拝観料:宝物殿 一般300円
  • ホームページ:www.kamakuraguu.jp

〜週末、お出かけ。鎌倉トリップ。〜

  この記事を見た方はこんな記事も読まれています♪

 

  この記事に関連するテーマを探す♪

 - 金沢街道, 鎌倉のお寺・神社 , ,

 

  この記事をシェアする♪