鎌倉トリップ |  あじさいの時期は鎌倉へ。ユニークな鎌倉散策のご提案。

週末のお出かけに、日常を忘れて鎌倉散策を♪

北鎌倉の超定番あじさい寺♪ 明月院

      2017/04/29

オススメ度:鎌倉 観光 オススメ
北鎌倉の観光スポット。咲き乱れる紫陽花(あじさい)が全国的に有名で鎌倉随一のあじさい寺。あじさいの時期にはたくさんの観光客で賑わいます。

方丈の丸窓「悟りの窓」

明月院の窓

こちらもどうぞ。明月院周辺の散策記

→北鎌倉、あじさいの路。(2014年6月30日)

 

→鎌倉のあじさいの見どころベスト3♪

 

初夏の明月院

明月院は境内にはおよそ2500株のあじさいが植えられていて、「あじさい寺」として全国に名を馳せています。
境内のあじさいのほとんどは「ヒメアジサイ」と呼ばれる品種で、今は淡い水色ですが、日ごとに青みを増していくため色の変化を楽しむこともできるあじさいです。

鎌倉石の参道(あじさいの参道)

明月院の紫陽花(あじさい)

あじさいが咲き乱れる参道は鎌倉の夏の絶景の定番!6月には鎌倉でもっとも賑わう参道となります。(2012/7/8撮影)

明月院のあじさい 2015年

明月院の紫陽花(あじさい)

明月院ブルーと言われる明月院のあじさい。(2015/6/21撮影)

明月院の紫陽花(あじさい)

定番。参道のあじさい。(2015/6/21撮影)

明月院の紫陽花(あじさい)

参道のあじさい。紫のあじさい。(2015/6/21撮影)

明月院の紫陽花(あじさい)

参道のあじさい。6月の週末はとても賑います。(2015/6/21撮影)

明月院の紫陽花(あじさい)

明月院といえば青いあじさいですが、月の広場には変わった色のあじさいもあります。(2015/6/21撮影)

明月院のあじさい 2014年

明月院の紫陽花(あじさい)

明月院ブルーと言われる明月院のあじさい。(2014/6/30撮影)

明月院の紫陽花(あじさい)

明月院ブルー(2014/6/30撮影)

花想い地蔵のあじさい

花想い地蔵の紫陽花(あじさい)

開山堂前の花想い地蔵、この時期はあじさいを抱えます。(2014/6/30撮影)

月の広場の白いあじさい

明月院の紫陽花(あじさい)

北条時頼公墓所近く、月の広場はさまざまな花で彩られています。(2014/6/30撮影)

月の広場のバラ

明月院のバラ

北条時頼公墓所近く、月の広場はさまざまな花で彩られています。(2014/6/30撮影)

 

→鎌倉のあじさいの見どころベスト3♪

 

明月院とは(明月院の歴史)

明月院は平安時代末期の1160年(永暦元年)、平治の乱で戦死した首藤刑部大輔俊道(山ノ内俊道)の菩提を弔うため、子の山ノ内経俊により創建された「明月庵」が起源です。

時はたち、鎌倉時代中期の1256年(康元元年)、時の執権北条時頼(ほうじょう ときより)がこの地に「最明寺」を建立します。のちに子の、北条時宗(ほうじょう ときむね)が最明寺を前身として「福源山禅興仰聖禅寺」を再興しました。

さらに時はたち、室町時代1380年(康暦2年)時の関東管領である足利氏満から禅興寺中興の命を受けた管領上杉憲方が寺域を拡大。室町幕府3代将軍足利義満の時代に禅興寺は関東十刹の一位となりました。
尚、上杉憲方は山ノ内上杉家の祖。山ノ内上杉家は憲政の時代に北条氏康との戦いに破れ越後の長尾景虎と頼り上杉の家名を譲りました。長尾景虎は後の戦国時代の武勇、上杉謙信です。

明月庵は「明月院」と改められ支院の首位に置かれます。禅興寺は明治初年に廃寺となり明月院だけ残り今日に至ります。

明月院の見どころ

明月院の境内は以外と広く、参道を登る手前のエリア、参道の先の本堂のエリアに分かれます。6月の花菖蒲、12月の紅葉の頃はさらに奥の後庭園が拝観可能になります。

鎌倉石の参道(あじさいの参道)

明月院の紫陽花(あじさい)

あじさいが咲き乱れる参道は圧巻。6月には鎌倉でもっとも賑わう参道となります。

枯山水(かれさんすい)庭園

枯山水庭園

枯山水(かれさんすい)とは石と砂で山水の風景を表す庭園の形式です。明月院の枯山水は「須弥山(しゅみせん)」を形どり仏教観を表現しています。

瓶の井(つるべの井)

明月院 瓶の井(つるべの井)
明月院 瓶の井(つるべの井)

鎌倉十井のひとつ。内部が水瓶のようになっていることから「瓶の井」と呼ばれます。鎌倉十井の中で現在でも使える貴重な井戸。

明月院やぐら

明月院 明月院やぐら

やぐらとは墓地用地の少なかった鎌倉時代の洞穴墳墓です。このやぐらは平安時代末期の平治の乱(1160年)で戦死した豪族、山ノ内俊道の菩提を弔うため、子の山之内経俊により造られました。鎌倉最大規模のやぐら。中央には開基、上杉憲方の供養塔と言われる宝篋印塔が安置されています。

開山堂

明月院 開山堂

1380年頃、明月院境内の中に建立されていた宗猷堂(そうゆうどう)を後に開山堂としてものです。

北条時頼公墓所

明月院 北条時頼公墓所

鎌倉幕府第5代執権であり、第8代執権北条時宗の父である、北条時頼(ほうじょうときより)の公墓所。北条時頼は鎌倉幕府全盛期、そして実質の鎌倉幕府の為政者である北条家の全盛期の頃の執権として知られています。このあたりは謡曲「鉢の木」でも有名な北条時頼公が隠居した「最明寺」の跡地です。

月の広場

月の広場

開山堂のそばにある月の広場では季節の花がたのしめます。

月笑軒

明月院 月笑軒

明月院の境内の中にある茶室、月笑軒でティータイムはいかがでしょうか。

明月院へのアクセス

  • 所在地:神奈川県鎌倉市山ノ内189
  • JR北鎌倉駅から徒歩10分


Googlマップで見る
 

明月院の評判


 

明月院について

  • 拝観時間:午前9時~午後4時(6月は午前8時30~午後5時)
  • 拝観料:300円(6月は500円)
  • 山号:福源山
  • 宗派:臨済宗建長寺派
  • 創建:1394年(応永元年)
  • 開基:上杉憲方
  • 本尊:聖観音

明月院 拝観時間

〜週末、お出かけ。鎌倉トリップ。〜

  この記事を見た方はこんな記事も読まれています!

桜と妙本寺
桜と海棠(カイドウ)と静謐のお寺。妙本寺

比企谷に囲まれ山深く静謐なお寺。 妙本寺は身延山久遠寺、池上本門寺と並び日蓮宗最 …

新田義貞 九品寺
新田義貞に縁のあるお寺。九品寺(くほんじ)

倒幕のために鎌倉を攻めた新田義貞はこの地に本陣を構えました。 九品寺のみどころ …

円覚寺 如庵意 安寧
上質すぎるお寺カフェ。円覚寺の如意庵にある安寧

オススメ度: 円覚寺の境内、如意庵。真のお寺カフェです。 至極のお寺カフェをご存 …

お寺カフェ・レストラン。浄妙寺
鎌倉のお寺カフェ・レストラン。浄妙寺

最寄りのバス亭は浄明寺、漢字は異なりますがここは浄妙寺。境内にはなんと石釜ガーデ …

別願寺 フジ 藤
別願寺。GWが見頃の藤(フジ)のお寺

現在はゴルデンウィークの頃に野性的な藤(ふじ)が咲き乱れるお寺として有名です。 …

海蔵寺
謎多く美しき奥座敷のお寺。
海蔵寺(水の寺)

鎌倉扇ヶ谷の奥深く、化粧坂の更に奥に佇み数多くの言い伝えがあるお寺。 薬師を胎内 …

頬焼阿弥陀 塩嘗地蔵 光触寺
頬焼阿弥陀と塩嘗地蔵。光触寺

頬焼阿弥陀と塩嘗地蔵。六浦街道のお寺、光触寺(こうそくじ)。 頬に焼き印を押され …

鶴岡八幡宮 初詣 舞殿
鎌倉の初詣といえば。鶴岡八幡宮

オススメ度: 鎌倉の中心地。源氏、そして鎌倉武士の守護神社。 鎌倉散策に訪れる観 …

荏柄天神社
【受験合格祈願】鎌倉の学問の神様、荏柄天神社

学問の神様である菅原道真公をまつり、福岡の太宰府天満宮、京都の北野天満宮と共に三 …

新羅三郎義光 八雲神社
新羅三郎義光が起源。鎌倉の厄除けの社、八雲神社

後三年の役の際、源義家の弟、新羅三郎義光(しんらさぶろう よしみつ)が京都祗園社 …

 - お寺・神社, 北鎌倉 , , , , , , , ,