鎌倉トリップ |  日帰りで秋の鎌倉へ。秋の鎌倉散策。

週末のお出かけに、日帰りで夏の鎌倉へ♪

黄梅院(おうばいいん)。円覚寺塔頭

      2017/09/09

北鎌倉、円覚寺にある黄梅院(おうばいいん)。夢窓疎石(むそうそせき)の塔所です。
黄梅院 円覚寺

円覚寺境内の塔頭で、最奥に位置し、山を背負ってとても緑深き寺院です。

黄梅院(おうばいいん)とは

黄梅院は、足利尊氏の帰依を受け、五山文学に功績を残したことで有名な夢窓疎石の塔所です。

五山文学とは、鎌倉時代から江戸時代にかけて京都ご座ん、鎌倉五山の禅僧によって書かれた漢文詩など。
夢窓疎石の塔所だけに寄進も少なくなく、経済的基盤を確立し、夢窓派の関東における拠点になりました。

1368年(応安元年)には足利幕府2代将軍、足利義詮の遺骨が分納されたため、黄梅院は足利氏の菩提寺の性格を帯びることになりました。

→円覚寺をもっと見る

黄梅院(おうばいいん)について

  • 所在地:神奈川県鎌倉市山ノ内409 ※円覚寺境内
  • アクセス:JR北鎌倉駅 徒歩1分
  • 拝観料:なし ※円覚寺の拝観料が別途必要です
  • 山号:伝衣山(でんねざん)
  • 宗派:臨済宗・円覚寺派
  • 創建:1354年(文和3年)
  • 開山:夢窓疎石
  • 開基:餐庭氏直
  • 本尊:千手観音菩薩坐像
  • 寺宝:絹本夢窓疎石像

黄梅院へのアクセス。円覚寺の案内図より

黄梅院(おうばいいん)へのアクセス

黄梅院(は円覚寺境内にあります。詳しくは円覚寺へのアクセスをご確認ください。

→円覚寺をもっと見る

円覚寺について

  • 所在地:神奈川県鎌倉市山ノ内409
  • アクセス:JR北鎌倉駅 徒歩1分
  • 拝観時間:夏季(4月~10月)午前8時~午後5時 / 冬季(11月~3月)午前8時~午後4時
  • 拝観料: 300円(小人100円)
  • 駐車場:駐車場20台分あり ※予約不可
  • ホームページ:www.engakuji.or.jp
  • ブログ:円覚寺・居士林だより
  • 宗派:臨済宗・円覚寺派本山
  • 開山:無学祖元
  • 本尊:宝冠釈迦如来 ※仏殿にて拝観できます。

〜週末、お出かけ。鎌倉トリップ。〜

  この記事を見た方はこんな記事も読まれています♪

 

  この記事に関連するテーマを探す♪

 - 北鎌倉, 円覚寺

 

  この記事をシェアする♪