鎌倉トリップ |  年末年始は鎌倉へ。ユニークな鎌倉散策のご提案。

週末のお出かけに、日常を忘れて鎌倉散策を♪

【北鎌倉】円覚寺。北鎌倉で必須の観光スポット。

      2016/12/24

オススメ度:鎌倉 観光 オススメ
北鎌倉駅を降りると、そこは円覚寺。
鎌倉五山第二位のその格通りいまもなお鎌倉有数の巨刹で、北鎌倉では建長寺に並ぶ観光スポットで人が絶えません。

円覚寺 三門 山門

見ごたえのある印象的な三門は、夏目漱石「門」の舞台にもなりました。
開基は鎌倉時代の名執権、北条時宗(ほうじょう ときむね)。モンゴル帝国(元)の侵略戦争「元寇」に際し、戦没者の菩提を弔うために1282年(弘安5年)に開かれたお寺です。

こちらもどうぞ。円覚寺周辺の散策記

→【散策記】北鎌倉、上質なお寺カフェを求めて(2015年9月12日)
→【散策記】外国人向け、鎌倉観光スポット(2014年5月17日)
→【散策記】鎌倉の桜を求めて。建長寺の桜(2014年4月6日)

季節の円覚寺。春夏秋冬

総門の紅葉。北鎌倉の秋の風物詩

秋の総門 北鎌倉 円覚寺

北鎌倉を代表する秋の景色。横須賀線からも見える見事な門前の紅葉は鎌倉でも最も早い方です。
(2015/12/6撮影)

→紅葉の円覚寺をもっと見る

総門脇の桜

春の円覚寺

総門脇にさく桜。電車からも見ることができます。
(2014/4/5撮影)

→春の円覚寺をもっと見る

円覚寺のみどころ

総門

北鎌倉を降りわずか1分、すぐに円覚寺の総門が現れます。普段は北鎌倉の待ち合わせポイントとして大いに賑わうほか、秋になると門前は鎌倉でも有名な紅葉スポットであり、多くの観光客が吸い込まれていきます。

山門

円覚寺 三門 山門

総門から石段を上がると堂々たる山門が現れます。円覚寺を象徴する建造物です。1783年に再建。「円覚興聖禅寺」の額は伏見上皇(書道の伏見院流の祖)によるもの。この門は三解脱さんげだつ(空くう・無相むそう・無願むがん)を象徴するといわれています。煩悩を取り払い涅槃・解脱の世界である仏殿に至る門とされています。

宝冠釈迦如来

宝冠釈迦如来

仏殿に鎮座する巨大な本尊、宝冠釈迦如来(ほうかんしゃかにょらい)。宝冠と胸飾りをまとうおごそかな姿は圧巻です。

仏殿

仏殿

宝冠釈迦如来が祀られている建物。

仏殿

円覚寺にちらほら見れる三角形のマークは「三つ鱗」。鎌倉幕府の執権家、北条家の家紋です。

方丈(ほうじょう)の庭園

円覚寺 方丈

心字池のある美しい方丈の庭園。

円覚寺 方丈

本来は住職が居住する建物を方丈とよびますが、現在は多目的ホールのように使用されています。この庭園は方丈に上がって縁側から眺めることができます。

居士林

禅を志す在家の座禅道場。「居士」とは一般の在家修行者のことで、広く一般の人向けに坐禅会が催されています。牛込にあった柳生流の剣術の道場であったものを昭和3年に寄進され移築しました。

選仏場

円覚寺 選仏場

選仏場とは坐禅道場のこと。1699年に建立。いまは運慶派の南北朝時代の作品と言われる薬師如来が安置されています。

妙香池

円覚寺 妙香池

門前の白鷺池と同様、創建当時から存在する方丈池。景観の中心にある岩は「虎頭岩」と呼ばれています。

舎利殿(しゃりでん・国宝)

円覚寺 舎利殿

舎利殿は、鎌倉唯一の国宝建造物。源実朝が宋の請来した「佛牙舎利」というお釈迦様の歯が祀られています。

円覚寺 舎利殿

普段は一般公開していませんが、年に一度風入れの時には公開されます。

白鹿洞(びゃくろくどう)

円覚寺 白鹿洞

円覚寺の創建時、無学祖元の法話を聞くために山から白鹿が降りてきたと言われています。

法堂跡

円覚寺 白鹿洞

円覚寺の仏殿の背後の林には、法堂(はっとう)があったとされています。

白鷺池(びゃくろち)(国史跡名勝)

白鷺池

横須賀線の線路を挟んだ白鷺池。線路の開通により断絶してしまいましたがここも円覚寺の敷地です。池の名は建長寺開山の蘭渓道隆と北条時宗が円覚寺建立の適地を探していた時に、鶴ヶ岡八幡宮の神霊が白鷺に化身してこの池に舞い降りたという故事に由来しています。

円覚寺とは

鎌倉の北の玄関口、JR北鎌倉駅に降りた時、そこはすでに円覚寺なのです。富国強兵の時代である明治時代、軍港であった横須賀と東京を結ぶために円覚寺を分断して横須賀線が敷設されたのです。

下り線ホームから臨時改札口を降りてすぐ左手にある総門に向かう観光客が多いですが、円覚寺をしっかり味わうには正面口から鎌倉街道に出て、境内と分断され白鷺池(びゃくろち)に廻ってみてください。円覚寺創建にまつわる伝説を残す池で、こんなところにも境内の面影が残されています。

さて、円覚寺の入り口となる総門を登ると、杉の木々が賑やかな駅前の俗と禅の世界の空気に変えてってくれます。
北鎌倉のシンボルにふさわしい、とても美しい山門。夏目漱石の「門」にも登場する円覚寺を代表する建築物ですが、漱石は以下のように表現しています。

円覚寺 山門

”山門を入ると、左右には大きな杉があって、高く空を遮っているために、路が急に暗くなった。その陰気な空気に触れ口つくなた彼は、始めて風邪を意識する場合に似たた時、宗助は世の中と寺の中との区別を急に覚った。(夏目漱石「門」から引用)

円覚寺の歴史

円覚寺は鎌倉五山の第二位に列する鎌倉を代表する大寺です。
その歴史は13世紀後半、鎌倉時代中盤に遡ります。
鎌倉幕府第八代執権・北条時宗(ほうじょうときむね)が直面した文永の役、弘安の役(いわゆる元寇)での日本軍、そして元軍、両軍の戦死者を弔うために創建したのがこの円覚寺なのです。

鎌倉幕府滅亡後にも、後醍醐天皇の外護により繁栄を続け、最盛期には42院の塔頭を備えていたといわれています。
度重なる震災や火災に見舞われましたが、その都度、北条氏や鎌倉公方足利氏満、関東管領上杉氏らの支援により再建されました。

宋の禅寺様式で七堂伽藍がほぼ一直線に並ぶ建築物の配置ですが、ほとんどは室町かた江戸時代に整えられたもので、現在は17の塔頭を擁する規模となります。

円覚寺の塔頭

佛日庵(ぶつにちあん)

円覚寺 佛日庵

佛日庵(ぶつにちあん)は、鎌倉幕府8代執権、北条時宗(ほうじょう ときむね)の廟所です。拝観料は別途100円。中ではお抹茶を楽しむことができます。

如意庵(にょいあん)・お寺カフェ安寧(あんねい)

円覚寺 妙香池

如意庵(にょいあん)は、第三十六世無礙妙謙(むげみょうけん)の塔所。現在は至極のお寺カフェ、「安寧(あんねい)」として営業しており、円覚寺散策の休憩ポイントとして上質な時間を過ごすことができます。

→お寺カフェ安寧をもっと見る

黄梅院(おうばいいん)

円覚寺 黄梅院

黄梅院(おうばいいん)は、第15世夢窓疎石(夢窓国師)の塔所。円覚寺の最奥に位置し、山を背負ってとても緑深き場所です。

寿徳庵(じゅとくあん)

円覚寺 寿徳庵

寿徳庵(じゅとくあん)は、第66世月潭中円 (げったんちゅうえん)の塔所。一般には非公開です。

松嶺院(しょうれいいん)

円覚寺 寿徳庵

松嶺院(しょうれいいん)は、第150世叔悦禅懌(しゅくえつぜんえき)の塔所。

桂昌庵(けいしょうあん)

円覚寺 桂昌庵

桂昌庵(けいしょうあん)は、第49世承先道欽(しょうせんどうきん)の塔所。

円覚寺の案内図

円覚寺へのアクセス


大きな地図で見る

円覚寺の評判


円覚寺の座禅(ざぜん)会

暁天座禅会(仏殿)
毎朝(年始・10月初旬に休会あり)
夏季(4月~10月):午前5:30~6:30
冬季(11月~3月):午前6:00~7:00

暁天座禅会

日曜説教会(方丈)
毎月第二・第四日曜日:午前9時より法話、引き続き11時まで座禅

土曜座禅会(居士林)
毎週土曜日(8月は休会)
初めての方:午後1:20~2:20
二回目以降の方:午後2:40~3:40
※15分前に集合
暁天座禅会

円覚寺の主なイベント

  • 涅槃会:2月15日
  • 降誕会(花まつり):4月8日
  • 夏期講座:7月下旬 4日間
  • 開山忌:10月3日
  • 達磨忌:10月5日
  • 宝物風入:11月3日頃 3日間
  • 成道会:12月8日

円覚寺について

  • 所在地:神奈川県鎌倉市山ノ内409
  • アクセス:JR北鎌倉駅 徒歩1分
  • 拝観時間:夏季(4月~10月)午前8時~午後5時 / 冬季(11月~3月)午前8時~午後4時
  • 拝観料: 300円(小人100円)
  • 駐車場:駐車場20台分あり ※予約不可
  • ホームページ:www.engakuji.or.jp
  • ブログ:円覚寺・居士林だより
  • 宗派:臨済宗・円覚寺派本山
  • 開山:無学祖元
  • 本尊:宝冠釈迦如来 ※仏殿にて拝観できます。

〜週末、お出かけ。鎌倉トリップ。〜

  この記事を見た方はこんな記事も読まれています!

極楽寺
ドラマ「最後から二番目の恋」のロケ地。極楽寺

「社会福祉の祖」といわれる忍性が開いたお寺。 ドラマ「最後から二番目の恋」のロケ …

杉本寺 観音堂
鎌倉最古の寺。杉本寺

オススメ度: 坂東三十三箇所・鎌倉三十三箇所の第1番札所。

ぼたもち寺 常栄寺
ぼたもち寺。常栄寺

ぼたもち寺の愛称で親しまれる、大町のお寺。 常栄寺(ぼたもち寺)のみどころ 頸つ …

建長寺 紅葉
【紅葉】建長寺の紅葉。写真でふりかえる秋の鎌倉

オススメ度: 禅と紅葉。鎌倉の定番の建長寺の紅葉 北鎌倉の観光名所、建長寺。建長 …

東慶寺 あじさい
北鎌倉の花の寺。隠れたあじさいの名所、東慶寺

オススメ度: また花の寺として知られ、境内では四季を通じて様々な花を楽しめます。 …

鎌倉のシンボル。鎌倉大仏
鎌倉のシンボル。鎌倉の大仏

オススメ度: 鎌倉といえば、なんといっても大仏ですね♪ 後光山を借景にした大仏は …

浄智寺(鎌倉五山第四位)
北鎌倉の隠れた名禅寺。浄智寺

鎌倉には珍しい鐘楼門や三体の仏像が鎮座する曇華殿、コミカルな七福神の布袋様がいら …

本興寺
辻の本興寺

本興寺は「辻の本興寺」と呼ばれ、門前には日蓮の辻説法の碑が建てられています。 夏 …

浄光明寺
足利尊氏と縁のあるお寺。浄光明寺

寿福寺の通りから横須賀線の踏切を渡る。泉ヶ谷へ入ると浄光明寺があらわれます。 太 …

宝戒寺(はぎの寺)
はぎの寺。宝戒寺

オススメ度: 宝戒寺のこの場所は、もともと鎌倉幕府執権の北条氏の屋敷でした。 鎌 …

 - お寺・神社, 北鎌倉 , , , ,