鎌倉トリップ |  日帰りで初秋の鎌倉へ。

週末のお出かけに、日帰りで初秋の鎌倉へ♪

収玄寺。四条金吾公屋敷跡

      2021/05/08

収玄寺

四条金吾公屋敷跡

長谷寺のほど近く、バス通りにひっそり佇むお寺、収玄寺。(2021年3月27日撮影)

収玄寺とは

四条金吾頼基。北条一族で、江間光時に使えた鎌倉武士。日蓮聖人に篤く帰依し、1271年(文永8年)の龍口法難の際には、殉死を覚悟して日蓮に追従しました。
金吾の死後、一寺が建立されました。1818年〜1830年の創立です。当初、収玄庵と称していましたが、大正初期の本堂改築の際に寺号も収玄寺に改称しました。

収玄寺の見どころ

収玄寺の境内

法性寺 境内

コンパクトな境内に緑が映えます。(2021年3月27日撮影)

収玄寺の本堂

法性寺 本堂

(2021年3月27日撮影)

収玄寺の桜

収玄寺の桜

バス通りから見える美しい一本桜。(2021年3月27日撮影)

収玄寺の桜

屋敷跡にかかる境内の桜。(2021年3月27日撮影)

収玄寺へのアクセス

  • 所在地:鎌倉市長谷2-15-12
  • アクセス:江ノ電 長谷駅下車 徒歩2分

収玄寺について

  • 拝観料:なし
  • 創建:文政年間(1818年-1829年)
  • 宗派:日蓮宗
  • 本尊:十界曼荼羅

〜週末、お出かけ。鎌倉トリップ。〜

  この記事を見た方はこんな記事も読まれています♪

 

  この記事に関連するテーマを探す♪

 - 長谷, 鎌倉のお寺・神社