鎌倉トリップ |  日帰りで秋の鎌倉へ。秋の鎌倉散策。

週末のお出かけに、日帰りで夏の鎌倉へ♪

浄妙寺。鎌倉のお寺カフェ・レストラン

      2017/08/12

最寄りのバス亭は浄明寺、漢字は異なりますがここは浄妙寺。境内にはなんと石釜ガーデンテラスというレストランがあり、境内で食事ができるという驚きの異空間!またパンやコーヒーをいただけるテラスや、抹茶をいただける喜泉庵があり、お寺ながら知る人ぞ知る美食のエンターテイメント空間ともいえます。

浄妙寺

鎌倉五山第五位の格式でかつては多数の塔頭を有した大寺院でした。代々足利家の菩提寺であり、本堂裏手の墓地には、足利尊氏の父である貞氏の墓と伝えられる石塔があります。
背後の稲荷山は、藤原鎌足が鎌を埋めたという伝承があり、「鎌倉」の語源になったという説もあります。

お寺カフェ・レストラン、浄妙寺とは

驚きのお寺の中のレストラン。石窯ガーデンテラス

浄妙寺 石窯ガーデンテラス

浄妙寺では境内に人気のレストランがあります。レストランの洋館の前にはパンやコーヒーが手軽に買えるベーカリーがあります。

抹茶の喜泉庵

浄妙寺 喜泉庵

境内には古民家を移築した喜泉庵があり、手の行き届いた枯山水の庭園を眺めながら抹茶をいただけます

浄妙寺のみどころ

浄妙寺の本堂

本堂の銅葺きの大屋根がかつての威容を偲ばせます。

散策路

浄妙寺 衣張山 散策路

本堂裏手は小高い山になっていて、花の散策路や衣張山展望台などで景色を楽しむことができます。

衣張山と浄妙寺

衣張山と浄妙寺

浄妙寺からは金沢街道を挟んだ衣張山が美しく展望できます。

足利貞氏の墓と稲荷山

本堂裏手には、足利尊氏の父、足利貞氏の墓となる宝篋印塔があります。正面には宝生如来を刻し、残る三面には梵字を刻んでいます。
背後の稲荷山には、藤原鎌足が鎌を埋めたという伝説があり、これが「鎌倉」の地名の語源になったという説もあります。

開山堂

本堂裏手の開山堂には、南北朝期の優れた彫刻、退耕行勇の像が安置されています(非公開)。

浄妙寺とは

鎌倉五山第五位の寺格の浄妙寺。代々足利氏の菩提寺ですが、創建当初は密教系のお寺だったといわれています。後に蘭渓道隆の弟子である月峰了然(げっぽう りょうねん)が住持となり臨済宗に改宗しました。

五山の格式にふさわしく、最盛期には23の塔頭がある大寺院でした。度重なる災害で往時の伽藍は失われ、いまでは本堂の大きな銅葺き屋根がかつての威容を偲ばせます。

浄妙寺へのアクセス


大きな地図で見る

浄妙寺について

  • 所在地: 神奈川県鎌倉市浄明寺3-8-31
  • 鎌倉駅から京急バス。[鎌23・5番]太刀洗行き、[鎌24・5番]金沢八景行き、[鎌36・5番]ハイランド行き 浄明寺 下車 徒歩2分
  • 拝観時間:午前9時~午後4時30分
  • 拝観料:100円
  • 駐車場場:有り20台。有料1時間500円
  • 山号:稲荷山(とうかざん)
  • 宗派:臨済宗(建長寺派)
  • 創建:1188年(文治4年)
  • 開山:退耕行勇
  • 開基:足利義兼
  • 本尊:釈迦如来

〜週末、お出かけ。鎌倉トリップ。〜

  この記事を見た方はこんな記事も読まれています♪

 

  この記事に関連するテーマを探す♪

 - 金沢街道, 鎌倉のお寺・神社 ,

 

  この記事をシェアする♪