鎌倉トリップ |  日帰りで春の鎌倉へ。

週末のお出かけに、日帰りで春の鎌倉へ♪

畠山重保邸跡と石造宝篋印塔

      2021/03/14

畠山重保邸跡
鎌倉駅から由比ヶ浜に向かう大通りの脇。ここは鎌倉幕府御家人「畠山六郎重保」邸跡とされ、高さ3.4メートルを超える市内でも大型の石造宝篋印塔(ほうきょういんとう)で、畠山重保の墓塔と伝えられています
1393年(明徳4年)造立とみられます。
尚、畠山重保の父は、「坂東武士の鑑」と呼ばれた畠山重忠(はたけやましげただ)

石造宝篋印塔(ほうきょういんとう)

石造宝篋印塔(ほうきょういんとう)

石造宝篋印塔。鎌倉市指定有形文化財

石造宝篋印塔(ほうきょういんとう)

石造宝篋印塔の解説板

一ノ鳥居

一ノ鳥居

観光客も少ないこのエリア。周辺に一ノ鳥居や巨木もあり良い雰囲気です。

一ノ鳥居を詳しく見る

畠山重保邸跡と石造宝篋印塔へのアクセス

  • 所在地: 神奈川県鎌倉市由比ガ浜2丁目14
  • アクセス: 鎌倉駅から徒歩約10分

週末、お出かけ。鎌倉トリップ。

  この記事を見た方はこんな記事も読まれています♪

 

  この記事に関連するテーマを探す♪

 - 史跡