鎌倉トリップ |  日帰りで秋の鎌倉へ。秋の鎌倉散策。

週末のお出かけに、日帰りで夏の鎌倉へ♪

[散策記] 桜をもとめて~春の妙本寺・大町エリア~

      2017/02/18

さて桜の季節です。鎌倉で桜の名所といえば、建長寺、段葛などがありますが、春の大町エリアが桜が美しいことはあまり知られていません。若宮大路の東側を南北に走る小町大路沿いのお寺を散策します。
鎌倉全体では桜満開には少し早いようですが、春の大町はどうでしょうか?足を伸ばしてきました。

この散策の概要

  • 散策したコース:鎌倉駅から徒歩でおんめさま、本覚寺、妙本寺、妙隆寺
  • 散策した日:2015年3月28日、所要時間:約2時間
  • 大町のお寺を中心に。リピーター向け

まずは大町の玄関口、おんめさまへ

鎌倉駅東口におり若宮大路に向かいます。まずはおんめさまへ。おんめさまは鎌倉駅徒歩3分という立地のよさ。安産祈願で有名なお寺で、大町方面の最初の散策ポイントとしてお最適なお寺です。
四季を通じてさまざまな花で彩られる花の寺です。
→鎌倉おんめさまで安産祈願!

おんめさま本堂前の利休梅。ちょうど見頃。

おんめさま本堂脇の利休梅。

本堂前の雪柳(ユキヤナギ)。可憐です。

本覚寺の桜

そのまま小町大路(宝戒寺から妙本寺へ通じる大町エリアのメインとなる南北の道、小町通りではないですよ。)をえびす堂の本覚寺に向け歩きます。
商売繁盛のえびす様で有名なこのお寺ですが、本覚寺は隠れた桜の名所で、御分骨堂の前に立派な枝垂れ桜があり多くの見物客が訪れます。
→鎌倉で商売繁盛のご利益。鎌倉えびす(本覚寺)

御分骨堂の前、本堂の左手の枝垂れ桜。夕方なので残念ながら影が出ていますが午前中であればばっちり撮影できそうです。

見物客も多くみんなパチリ、パチリ。

満開の妙本寺の桜

本覚寺から道向かいの妙本寺へ。
妙本寺はこのあたりでは最も知られた桜の名所。
なによりも鎌倉ではやや早めに咲く桜、そしてその後にさく海棠(カイドウ)と、気まぐれな桜開花と散策のタイミングが難しい春の鎌倉ですが、妙本寺は外れがありませんのでこの時期には特にオススメなスポットです。
→桜と海棠(カイドウ)の妙本寺

桜満開!あたりました!前に満開の桜、後ろに二部咲きの海棠(カイドウ)。これぞ春の鎌倉です。

日蓮聖人と桜。二天門脇の桜です。

二天門脇を本堂から。

桜の後に満開になる妙本寺の海棠(カイドウ)。次週くらいが見頃でしょうか。楽しみです。

妙隆寺

妙本寺を出て、来た道を戻ります。
この道の途中にある小さなお寺、妙隆寺。鎌倉七福神巡りのひとつではありますが、あまり有名ではないこのお寺は、実は桜が美しいお寺のひとつです。
→鎌倉七福神寿老人(長寿の神)。小町の妙隆寺

山門から本堂を望むと桜が!

本堂前に堂々たる桜。満開!

本堂前に堂々たる桜。

  この記事を見た方はこんな記事も読まれています♪

 

  この記事に関連するテーマを探す♪

 - かまくら散歩日記, 春の散策 ,

 

  この記事をシェアする♪