鎌倉トリップ |  日帰りで夏の鎌倉へ。夏の鎌倉散策。

週末のお出かけに、日帰りで夏の鎌倉へ♪

鎌倉幕府終焉の地。東勝寺跡

      2015/05/05

東勝寺(国指定史跡)は、鎌倉幕府第3代執権、北条泰時が創建した北条家の氏寺です。

東勝寺跡

1331年(元弘元年)、後醍醐天皇は倒幕の兵を挙げ、呼応した新田義貞は鎌倉に攻め込みました。
鎌倉幕府最後の執権・北条高時(ほうじょうおたかとき)を始めとした北条一族は、かつてこの地にあった詰の城・東勝寺へ退却、この地で自害しました。
この裏山に、高時腹切りやぐらがあります。

寺はその後再興され、室町時代には関東十刹の第三位に列する名刹となりましたが、戦国時代に廃絶されたといわれています。
北条家の氏寺、鎌倉幕府終焉の地として、鎌倉でも政治的に重要な遺構です。

東勝寺跡へのアクセス

鎌倉市小町(祇園山ハイキングコース、小町側出入口付近)
鎌倉駅から徒歩約15分

〜週末、お出かけ。鎌倉トリップ。〜

  この記事を見た方はこんな記事も読まれています♪

 

  この記事に関連するテーマを探す♪

 - 史跡

 

  この記事をシェアする♪