鎌倉トリップ |  日帰りで夏の鎌倉へ。夏の鎌倉散策。

週末のお出かけに、日帰りで夏の鎌倉へ♪

復元する幻のお寺。永福寺(ようふくじ)

      2017/08/17

源義経を初め奥州合戦の戦没者の慰霊の為、源頼朝が建立した永福寺。
1405年(応永12年)の火災ののち廃絶していた幻の大寺だが、復元が進められています。

永福寺

鶴岡八幡宮、勝長寿院とならんで鎌倉時代の三大寺社の一つという大寺でした。二階建てであった事から二階堂とも言われ、現在このあたりが二階堂と呼ばれているのも、永福寺の別称が由来となっています。この永福寺跡地として野原だったエリアですが復元が着々と進められ、2016年4月には池が復元され史跡公園としてオープンする予定です。

関連記事

世界遺産候補である鎌倉の永福寺跡は、どこまで復元されるの? はまれぽ.com

復元する幻のお寺。永福寺(ようふくじ)

永福寺

礎石は着々と復元されていく永福寺跡。この大きな石は復元の礎石に使うものです。昭和58年の発掘調査で発見された礎石は、歴史書の吾妻鑑に記される三堂(二階堂・薬師堂・阿弥陀堂)の存在を明らかにする重要な証拠になりました。(2014年11月16日撮影)

永福寺とは(国指定史跡)

永福寺(ようふくじ)は源頼朝が、源義経や藤原泰衡など奥州合戦の戦没者を弔うために建立した寺院です。荘厳な奥州平泉の二階大堂大長寿院を模して1192年(建久3年)に着工されました。
永福寺跡を示す石碑

永福寺跡を示す石碑。

永福寺(ようふくじ)の評判


 

永福寺(ようふくじ)へのアクセス

住所:鎌倉市二階堂178 付近

~週末、お出かけ。鎌倉トリップ。~

  この記事を見た方はこんな記事も読まれています♪

 

  この記事に関連するテーマを探す♪

 - 金沢街道

 

  この記事をシェアする♪