鎌倉トリップ |  日帰りで秋の鎌倉へ。秋の鎌倉散策。

週末のお出かけに、日帰りで夏の鎌倉へ♪

安養院。GWに咲き誇るつつじのお寺

      2017/08/19

源頼朝の妻、北条政子ゆかりのお寺。つつじで有名なお寺で、5月のゴールデンウィークの頃にはツツジが咲き誇ります。

安養院(つつじ寺)

安養院のシンボル、門前のつつじ。オオムラサキツツジ、おばけツツジの通称。(2013年5月3日撮影)

初夏の安養院

圧巻!安養院のつつじ

安養院(ツツジ寺)

安養院のつつじはGWの鎌倉の風物詩。今年(2016年)は例年より少しピークが前倒しのようでGWにはピークを過ぎてしまったようです…
(2016年5月5日撮影)

安養院(ツツジ寺)

毎年5月の連休の頃、安養院の境内にはツツジが咲き誇ります。
(2015年5月4日撮影)

安養院(ツツジ寺)

境内裏手の宝篋印塔もつつじに囲まれています。
(2015年5月4日撮影)

安養院(ツツジ寺)

門前のつつじ。
(2015年5月4日撮影)

安養院(ツツジ寺)

通称オバケツツジ。バス通りからもこの通り。ツツジが圧巻です。
(2015年5月4日撮影)

安養院(ツツジ寺)

通称オバケツツジ、バス通りから別カット。
(2015年5月4日撮影)

安養院(ツツジ寺)

この日はツツジ満開のピーク前。2部咲き程度でしょうか。タイミングをあわせるのはなかなか難しいですね。(2017年4月30日撮影)

安養院(ツツジ寺)
安養院(ツツジ寺)

バス通りのツツジが一部だけ咲いています。(2017年4月30日撮影)

安養院とは(安養院の歴史)

鎌倉幕府尼将軍と呼ばれた北条政子(ほうじょうまさこ)。1225年(嘉禄元年)、源頼朝の菩提を弔うため妻の北条政子が佐々目が谷に建立した祇園山長楽寺が前身。その後、鎌倉時代末期にこの場所に移り安養院になったと言われています。寺名は政子の法名「安養院」にちなんで改めてられたと言われます。
1680年(延宝8年)に焼失した際に、頼朝にかつて仕えていた田代信綱が建立し比企谷にあった田代観音堂を移築しいて合祀しました。それ以来「田代観音」とも呼ばれるようになりました。

本尊の千手観世音菩薩*がとても美しいお寺です。
*撮影はできません。

安養院の見どころ

本堂

安養院(ツツジ寺)

5月の連休の頃のツツジの時期は大勢の観光客で賑わいます。
(2013年5月3日撮影)

宝篋印塔

宝篋印塔

安養院以前にあった善導寺開山の尊観の墓と言われる宝篋印塔。鎌倉で最古(1308年)の宝篋印塔です。裏手はすぐに祇園山の崖です。
(2013年5月3日撮影)

北条政子の墓

宝篋印塔

安養院開基で、源頼朝の妻、北条政子の墓と伝えられています。
(2015年5月4日撮影)

安養院のマキ

宝篋印塔

安養院の境内に植えられている巨木「マキ」は、鎌倉市の天然記念物です。樹齢700年ともいわれています。一見の価値ありです。

夏の安養院

夏の安養院

ツツジの時期ではない安養院の入り口はこのような感じです。緑が美しい。

安養院(ツツジ寺)へのアクセス

  • 所在地: 神奈川県鎌倉市大町3-1-22
  • 鎌倉駅東口より徒歩12分

安養院の口コミ


安養院(ツツジ寺)について

  • 拝観時間:午前9時~午後4時30分
  • 拝観料:100円
  • 駐車場:5台
  • 山号:祇園山安養院田代寺
  • 宗派:浄土宗
  • 創建:1225年(嘉禄元年)
  • 開山:願行上人
  • 開基:北条政子
  • 本尊:阿弥陀如来

〜週末、お出かけ。鎌倉トリップ。〜

  この記事を見た方はこんな記事も読まれています♪

 

  この記事に関連するテーマを探す♪

 - 大町・材木座, 鎌倉のお寺・神社 , , ,

 

  この記事をシェアする♪