鎌倉トリップ |  日帰りで初秋の鎌倉へ。

週末のお出かけに、日帰りで初秋の鎌倉へ♪

底脱(そこぬけ)ノ井

      2021/05/07

底脱(そこぬけ)ノ井

鎌倉十井の一つ。底脱ノ井

海蔵寺の山門脇にある底脱(そこぬけ)ノ井。
北条時頼の外戚、安達泰盛(あだちやすもり)の娘である千代能(ちよのう)の詠に由来する底脱ノ井。
千代能が「千代能がいただく桶の底抜けて 水もたまらねば」と詠ったことに由来します。夕餉の水を汲みに来ると桶の底が抜けてしまって、この時に心の煩悩が解け、悟りの境地に至ったといわれています。
鎌倉十井の一つです。

底脱ノ井周辺の見どころ

海蔵寺

海蔵寺。美しき鎌倉奥座敷の花の寺

「底抜けの井、十六の井など水に関わる伝説も多く「水の寺」と呼ばれています。
またカイドウや萩など四季を通じて花々が美しく「花の寺」とも言われています。

海蔵寺を詳しく見る

鎌倉十井とは

  • 鉄ノ井(雪ノ下・小町通り)
  • 底脱ノ井(扇ヶ谷・海蔵寺)
  • 泉ノ井(扇ヶ谷)
  • 銚子ノ井(名越)
  • 星ノ井(坂ノ下・虚空蔵堂)
  • 六角ノ井(材木座)
  • 瓶ノ井(山ノ内・明月院)
  • 甘露ノ井(山ノ内・浄智寺)
  • 棟立ノ井(二階堂・覚園寺)
  • 扇ノ井(扇ヶ谷)

鎌倉十井を詳しく見る

底脱(そこぬけ)ノ井へのアクセス

  • 所在地: 鎌倉市扇ガ谷4-18-8 ※海蔵寺の境内
  • アクセス: 鎌倉駅西口より徒歩約20分
  • 駐車場: 有り

週末、お出かけ。鎌倉トリップ。

  この記事を見た方はこんな記事も読まれています♪

 

  この記事に関連するテーマを探す♪

 - 史跡