鎌倉トリップ |  日帰りで秋の鎌倉へ。秋の鎌倉散策。

週末のお出かけに、日帰りで夏の鎌倉へ♪

鎌倉のシンボル。鎌倉の大仏

      2016/12/23

オススメ度:鎌倉 観光 オススメ 大仏
鎌倉といえば、なんといっても大仏ですね♪

鎌倉 大仏 アクセス

後光山を借景にした大仏は、正式には阿弥陀如来坐像で「鎌倉の大仏」、または「長谷の大仏」と呼ばれ鎌倉のシンボルとして親しまれています。
この大仏は鎌倉で唯一国宝に指定されている仏像です。開山・開祖は不明。非常に有名なお寺ですが歴史的には謎に満ちた大仏です。

鎌倉大仏のウンチク話

  • 現在は露座の大仏。かつては大仏殿の建屋があり、1498年に起こった津波で大仏殿が流されたとされています。
  • 拝観者がベンチ代わりに座っている大仏の周りの巨石。これが実はかつての大仏殿の礎石なのです。

鎌倉大仏へのアクセス

  • 所在地:神奈川県鎌倉市長谷4丁目2番28号
  • JR鎌倉駅下車、江ノ島電鉄乗り換え長谷駅下車、徒歩約7分。
  • JR鎌倉駅下車、鎌倉駅東口バス乗り場1番から江ノ島電鉄バス、もしくは6番から京浜急行バス、「大仏前」下車すぐ。
  • 駐車場:有料駐車場付近多数、ただし週末は大変混み合います。


大きな地図で見る

こちらもどうぞ。鎌倉の大仏周辺の散策記

→あじさいの極楽寺・長谷へ。(2014年6月8日)
→外国人向け、鎌倉観光スポット。(2014年5月17日)
→雪の鎌倉散策。(2014年2月6日)

鎌倉の大仏のみどころ

鎌倉の大仏

鎌倉 大仏 アクセス

与謝野晶子が「美男におわす」と詠んだ大仏。正式には、高徳院の本尊・国宝銅造阿弥陀如来坐像です。

鎌倉 大仏 アクセス

少し離れて見ると、大仏様は後光山を借景にしていることがよくわかります。少し離れて借景ごと愉しむのが大仏鑑賞での通(つう)の見方です。

与謝野晶子 歌碑

与謝野晶子の歌碑 大仏

大仏の奥にひっそり佇む、与謝野晶子の歌碑。
“鎌倉や 御仏なれど 釈迦牟尼は 美男におはす 夏木立かな”

観月堂

観月堂 大仏

大仏の奥に佇む観月堂。鎌倉三十三観音霊場第二十三番札所。

鎌倉の大仏について

この高徳院に鎮座する大仏は、鎌倉で唯一国宝に指定されている仏像です。開山・開祖は不明。非常に有名なお寺ですが歴史的には謎に満ちた大仏なのです。

大仏のある「高徳院」は、はじめ「極楽寺」の忍性が別当をつとめ、のちに臨済宗に属し「建長寺」の末寺となりました。江戸時代に芝の増上寺の祐天上人による再興以降は浄土宗となり、一時は「光明寺」の奥院となっています。

当初は大仏殿に安置されていましたが、あいつぐ天災の被害で1498年(明応7年)の大地震と津波で大仏殿は倒壊して以降は露座の大仏のままです。拝観者がベンチ代わりに座っている巨石が実はかつての大仏殿の礎石なのです。

20円で大仏の胎内に入ることもできます。

夏の鎌倉大仏

サルスベリ 大仏

サルスベリとのコントラストが美しい夏の大仏。(2012/9/9撮影)

サルスベリ 大仏

仁王門前のサルスベリ。(2012/9/9撮影)

冬の鎌倉大仏

雪 大仏

前日、関東に記録的な雪が振りました。大仏の雪化粧。(2014/2/9撮影)

鎌倉大仏の評判



 

鎌倉の大仏について

  • 所在地: 鎌倉市長谷4丁目2番28号
  • アクセス:江ノ島電 長谷駅より徒歩約7分、鎌倉駅東口バス乗り場1番から江ノ島電鉄バス、もしくはバス乗り場6番から京浜急行バス「大仏前」停留所すぐ
  • 拝観時間: 4月~9月 午前8時~午後5時30分 / 10月~3月 午前8時~午後5時
  • 拝観料: 200円 (小学生150円)
  • 駐車場: 周辺に有料駐車場有り

〜週末、お出かけ。鎌倉トリップ。〜
 

  この記事を見た方はこんな記事も読まれています♪

 

  この記事に関連するテーマを探す♪

 - 江ノ電沿線, 鎌倉のお寺・神社 ,

 

  この記事をシェアする♪