鎌倉トリップ |  日帰りで初秋の鎌倉へ。初秋の鎌倉散策。

週末のお出かけに、日帰りで初秋の鎌倉へ♪

宝戒寺。鎌倉の歴史が刻まれたはぎの寺

      2018/02/17

オススメ度:鎌倉 観光 オススメ
宝戒寺のこの場所は、もともと鎌倉幕府執権の北条氏の屋敷でした。
鎌倉幕府の滅亡後、相手方の後醍醐天皇が足利尊氏に命じて、北条一族の霊を弔うために建立させました。
境内には四季折々の花が咲き、特に秋には境内一面に白萩(しろはぎ)が咲き、別名「はぎの寺」として観光スポットになります。

宝戒寺 はぎ 雪

提灯が素敵な宝戒寺の本堂。
嬉しいことに一般参拝者も本堂に上がって、本尊の子育て経読み延命地蔵様を間近で拝観することができます。

宝戒寺(はぎの寺)の見どころ

宝戒寺境内へのアプローチ

宝戒寺境内へのアプローチ

宝戒寺の毘沙門天様は鎌倉七福神のひとつとしても有名です。

【子宝祈願】歓喜天堂(かんぎてんどう)

宝戒寺 歓喜天堂 子宝

宝戒寺の聖天堂には日本最古の木造聖天といわれている秘仏「歓喜天像」がまつられています。「歓喜天像」は子宝・夫婦良縁にご利益があるとされています。残念ながら一般非公開です。

太子堂

建築・工芸の守護神と言われた聖徳太子が祀られていることから、地元の職人たちにも親しまれています。

薬師如来

石に刻まれた梵字が薬師如来を意味しています。

鎌倉七福神巡りと宝戒寺

鎌倉七福神巡り

七福神巡りとは七福神を巡ることで願望成就を達成しようとするものです。この鎌倉にも独自の鎌倉七福神巡りがあり、鎌倉ならではの魅力がたくさんあります。そのうちにひとつがこの宝戒寺です。宝戒寺の毘沙門天は軍神として勝負事にご利益があると言われています。

→鎌倉七福神巡りを詳しく見る

宝戒寺とは・宝戒寺の歴史

この宝戒寺のあたりは鎌倉時代には時の為政者である執権北条家の屋敷の跡です。
多くの観光客で賑わう鶴岡八幡宮から徒歩で3分程度歩いた場所にあるのがこの宝戒寺。かつて鎌倉幕府があった頃、この宝戒寺がある鶴岡八幡宮の東側に幕府の御所や御家人の邸宅といった重要な建物が立ち並んでいました。

宝戒寺と妙本寺を繋ぐ通り「大町通り」。鎌倉時代初期、この通りはかつて「比企の変」の舞台となりました。
頼朝死後の、1203年9月2日、鎌倉幕府内部で起こった御家人同士の権力争いの大きな政変がありました。この宝戒寺あたりに居を構える北条勢と妙本寺の谷に居を構える比企勢の争いです。9月2日北条勢が比企を撃つために比企が谷の妙本寺方面に北条の騎馬が疾走したであろう道が、この「大町通り」という名の小道なのです。こんな小さな短い路地がこの歴史的騒乱の舞台であったと考えると不思議な気分になりますが、その結果、2代将軍源頼家の外戚として権勢を握った比企能員とその一族が、北条時政の謀略によって滅ぼされました。

そして、鎌倉幕府終焉時には北条の本陣として壮絶な戦場になり、鎌倉幕府最後の執権・北条高時(ほうじょうおたかとき)を始めとした北条一族は、宝戒寺からより後方の詰の城・東勝寺へ退却、東勝寺で自害しまし、現在は北条高時腹切りやぐらとして跡地があります。

その後、宝戒寺としてこのお寺を建てたのは、鎌倉幕府滅亡の糸を引いた後醍醐天皇の命とのこと。宝戒寺を訪れると、歴史のさまざまな思いが浮かび上がる消えて行きます。

宝戒寺(はぎの寺)について

  • 所在地: 神奈川県鎌倉市小町3-5-22
  • アクセス: JR鎌倉駅 徒歩13分
  • 拝観料:大人(中学生以上)100円 小人(小学生)50円
  • 駐車場:なし
  • ホームページ:hokaiji.com
  • 山号:金龍山
  • 宗派:天台宗
  • 創建:1335年(建武2年)
  • 開基:後醍醐天皇

  この記事を見た方はこんな記事も読まれています♪

 

  この記事に関連するテーマを探す♪

 - 鎌倉駅東口, 鎌倉のお寺・神社 , , , ,

 

  この記事をシェアする♪